sticky vision Ltd. | 無料ブログの未来は暗い?スモールビジネスのベストな情報発信媒体とは【前編】
16064
post-template-default,single,single-post,postid-16064,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

無料ブログの未来は暗い?スモールビジネスのベストな情報発信媒体とは【前編】

 

スモールビジネス経営者の方から「まだブログはやってないんですけど、始めるべきでしょうか?無料ブログサービスでも良いでしょうか?」とお問い合わせをいただくことがよくあります。

このご質問に対する私の回答、そしてスモールビジネスにとって理想的な情報発信の媒体について、前後編の2つに分けてお伝えします。

 

目次

(もし以下のリンクが機能しない場合は、お手数ですがページを再読込してください)

無料ブログサービスの歴史
多くの無料サービスが、無料ブログの価値を下げている
無料ブログだけではビジネスができない
無料ブログを使っていると、ウェブサイトの価値は上がらない
ベストな選択は・・・

 

無料ブログサービスの歴史

無料ブログサービスが始まったのは2004年ごろ。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が広まる以前のことです。

そのころスマートフォンは、存在していませんでした。無料ブログサービスはもともと、PCユーザー向けのサービスとして始まったのです。

 

無料ブログサービスでは、「読者登録」の仕組みや「足あと/ペタ」といった機能が、SNSのような役割を果たしていました。

誰でも無料ですぐに自分のブログが作れて、ウェブサイト(ホームページ)制作に必要なドメインやサーバーの知識も管理もいらないし、当然それらにお金を払う必要もない。

そういう気軽さと、他のユーザー達とも気軽につながることができるという気安さが、無料ブログサービスのユーザーを一気に増やしていきました。

 

一方で、無料ブログサービスを提供している会社はもちろん、ボランティアで無料サービスを提供しているわけではありません。

芸能人ブログや、ユーザー同士がつながれる機能などでユーザー数を増やし、広告媒体としての価値を高めて広告主を集め、その広告収入で無料ブログサービスの運営を行っています。

無料ブログサービスのユーザーは、無料で使う「代償」として、自分のブログにそれらの広告を表示させなければなりません。

さらに、元々が無料ブログサービスを運営する会社の「広告媒体」であるため、その無料ブログで自らの商品やサービスを直接売ることが禁止されているところが多く、

違反した場合には、アカウント自体が削除されることもあります。

そのような制約があるサービスであっても、他に選択肢がなかった時代には、ユーザーを集めることができたのです。

 

多くの無料サービスが、無料ブログの価値を下げている

しかし、現在はどうでしょう?

大半の人がスマートフォンを持っていて、撮った写真や動画をカンタンに編集することもできます。

 

ちょっとした思いつきや短い文章で自己主張したり、面白い画像を広くシェアしたいならツイッターを使い、

自分のプライベートライフの一部やビジネスを、仲間内にアピールするならフェイスブックを使う。

家族や親しい友達との個人的なやりとりにはLINEを使う。

お気に入りの写真や短い動画を見せたいならインスタグラム、長い動画を共有したいならユーチューブを使えばいい。

 

スマートフォンから無料で気軽に「情報発信」ができて、他のユーザーとつながる方法はたくさんあります。

わざわざ無料ブログサービスに投稿するために記事を書き、写真を編集する必要はありません。

ハッキリ言うと、絶対に無料ブログサービスを使わなければならない理由は、もう無い時代なのです。

 

無料ブログだけではビジネスができない

しかし、そのような状況でも「ビジネスを行っているなら、あるいはこれからビジネスを始めるなら、ブログを始めましょう!カンタンに開設できる無料ブログサービスを使いましょう!」ということをお薦めしている方々が大勢おられます。

 

ビジネスをするなら、自らの専門分野の情報を積極的に発信していかなければ、お客様からの好感や信用を得ることは難しいから、

そして、過去に発信した情報をストックしていく(貯めていく)ことができるブログなら、発信を続けていくことで自分のブログの価値を高めることができるから・・・

 

そういう理由でブログ開設をお薦めすることにはまったく問題ないのですが、

それならば、お客様に直接商品やサービスを売ることに制約が課せられることの多い、無料のブログサービスをお薦めするのは適切ではありません。

そのことは当然、無料ブログ開設をお薦めしている方々も分かっておられるので、

同時に「無料ブログサービスのほかに、商品やサービスを販売するための自分のホームページ(ウェブサイト)も作りましょう!」ということをお薦めしている方もおられます。

 

無料ブログを使っていると、ウェブサイトの価値は上がらない

そこでもう一つ、別の問題が起こります。

無料ブログとは別にウェブサイトを作っても、Googleなどの検索結果で上位に表示されない「価値のないウェブサイト」になってしまうリスクが高い、ということです。

 

代表的な検索エンジンであるGoogleは現在、キーワードに重きを置いていた以前とは違って、「ウェブサイトの内容が充実しているかどうか、価値のある内容を提供しているかどうか」を判定する独自のアルゴリズムを使って、検索結果の順位を決めています。

そのアルゴリズムのすべての内容は公開されていませんが、「ウェブサイトの内容が定期的に更新されているかどうか」、そして「ある程度ボリュームのある、価値のある内容を発信しているか」という2点については、確実に評価基準に入っていると言われています。

 

つまり、無料ブログサービスを使って定期的に記事を公開していても、別に作ったウェブサイトがまったく更新されなければ「価値のないウェブサイト」として低い評価を受けてしまい、検索結果からの訪問がほとんどなく、無料ブログからの訪問者しか期待できないという状況が起こり得るのです。

 

ベストな選択は・・・

そのような状況を避けるには、「価値のある内容が定期的に発信されているウェブサイト」を作ること、

つまり、「ブログ機能を持った、商品やサービスを販売するためのウェブサイトを作る」というのがベストの方法になります。

 

そのようなウェブサイトが作れるサービスは、無料ブログサービスと同じように、たくさんあります。

無料で使えるものもありますが、ビジネス目的で作るのであれば、会社名や商品名などを含むドメイン(インターネット上のアドレス)を買って、サーバーをレンタルするのが理想的です。

費用はかかりますが、1ヶ月あたりのコストでみれば、せいぜい2〜3千円ほど。

子供のお小遣い程度ですし、当然ながら経費として処理できるので、ビジネスを成長させていくためには欠かせない費用だと言えるでしょう。

 

= = =

 

次回の記事では、具体的なサービス名を挙げながら、情報発信を行うときの選択肢それぞれについて、詳しくメリットとデメリットを見ていきます。

どうぞお楽しみに。